脱毛サロンのマシンの種類

大阪の茨木に住んでいる明美です。

茨木近郊で脱毛サロンを探しているのですが、脱毛サロンによってマシンの種類ってあるんですね。

エステの脱毛は、いま光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流ですが、光脱毛にも種類があるようです。代表的なのはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR式脱毛だそうです。

【IPL脱毛】
IPLはIntensive Pulse Lightの略で、キセノンランプというランプを使用した脱毛機です。黒色に反応する光が、毛のメラニン色素に反応して熱を発し、毛根の毛母細胞のなかにある毛乳頭という発毛組織に熱ダメージを与えて、毛の再生する力を弱めます。光の照射範囲が広いため、背中などの大きい部位にも短時間で施術できます。

IPL脱毛を採用している代表的なサロンは、銀座カラー、TBC、キレイモ、シースリー、ラ・ヴォーグ、レイビスなどです。

【SSC脱毛】
SSCはSmooth Skin Controlの略で、イタリアのDEKA社が開発した脱毛システムのことです。IPL脱毛でつかうキセノンランプの脱毛機より、肌にやさしいクリプトンライトの脱毛機をつかっていて、痛みがより少ないのが特徴と言われていて、光脱毛はメラニンの薄い産毛は苦手なのですが、ジェルの効果もあるぶん、産毛に効きやすいと言われています。肌ダメージが少ないので顔やVIOなどのデリケートゾーンの脱毛に向いています。

SSC脱毛を採用している代表的なサロンはミュゼ、脱毛ラボ、コロリーなどです。

【SHR式脱毛】
SHRはSuper Hair Removableの略で、蓄熱式脱毛とも呼ばれる、次世代の脱毛方法として期待されている新しい脱毛方法です。IPLやSSCに比べ、低温の光を繰り返し照射することでバルジ部を破壊するので、他の光脱毛より痛みをほとんど感じません。また、肌へのダメージも少ないです。ですが、新しい技術のため数十年後に毛が再生されるか実証がされていないという不安はあります。

SHR式脱毛を採用している代表的なサロンはストラッシュ、ラココ、アイセルなどです。

ちなみに、茨木が1号店のディオーネはハイパースキン法という毛周期のうち「休止期」の毛穴に対して施術する方法で、その後の発毛を抑制するんだそうです。

この方法だと強い光はいらないので、痛みもないわけです。なので、敏感肌や子供でも脱毛を受けられるそうです。

しかも、ディオーネのハイパースキン法の光は、肌の中でコラーゲンの生成をサポートしてくれる効果もあるんです。自己処理だと肌を傷つけることもありえますが、ハイパースキン法は脱毛しながらエステ級の美肌効果もあるようです。